アヤナスの姉妹ブランド サエルがバッチリあう

 

乾燥肌の人は、シワやシミ、たるみといった老化現象を引き起こしやすく、ニキビなどの肌トラブルも続出してしまうでしょう。外部から刺激に対し敏感になっているケースがほとんどです。また乾燥肌の場合、美白対策をしてもなかなか効果を実感できない人が多いのですが、それには理由があったのです。今回は乾燥肌では美白効果が得られにくい理由と、その対策方法をお教えしましょう。

 

【乾燥や炎症を繰り返している肌は紫外線ダメージを受けやすい】

乾燥している肌は健康な肌よりも敏感になっているので、角質層にある肌バリアの機能が低下している場合が多いです。肌バリアがきちんと機能していないため、紫外線によるダメージを受けやすく、日焼けをしやすいと言われています。乾燥肌や肌荒れが起きている状態で紫外線に当たってしまうと、シミやくすみがすぐにできてしまい、進行が早くなると言われているのです。

 

【美白効果を実感できないのは乾燥して肌が敏感になっているため】

乾燥している状態の肌は非常に敏感になっており、外部刺激に対しても弱いです。そのため、紫外線からのダメージも常に受けているので、メラニンが過剰に生成されている場合が多いです。美白成分がたっぷりと入っているスキンケア商品を使用しても、メラニン生成が過剰すぎるので、追いつかずに効果を得られないケースがあります。

 

【美白効果を実感したいのであればまずは保湿対策を行うこと】

乾燥肌で、美白効果を得たい場合には、まずは乾燥肌対策から取り掛かるようにしましょう。乾燥肌を予防するためには、保湿効果の高い化粧水を使って肌に潤いを与えてあげると、美白成分も、肌の奥深くまで浸透していきやすくなると言われています。乾燥肌を改善して、しっかりと水分のあるもっちり肌になれば、肌の機能が正常に回復できるので、肌バリアも回復して、紫外線に対する抵抗力も付いてきます。すると正常の肌と同じように、日焼けしにくくなるので、シミもできにくくなるでしょう。

 

 

≫アヤナスの口コミ体験はこちら≪